ホーム

事業の概要

大阪大学ナノテクノロジー設備供用拠点は、
新たに大阪大学マテリアル先端リサーチインフラ設備供用拠点としてスタートします

 大阪大学NOF(ナノテクノロジー設備供用拠点)は2012年7月より文部科学省の「ナノテクノロジープラットフォーム事業」に参画し、産業イノベーション創出のため地域企業や研究機関への先端的な研究施設・機器の提供を積極的に推進し、多様な研究分野への研究支援を行ってまいりました。
 この度、大阪大学マテリアル先端リサーチインフラ設備供用拠点として新たなスタートを切ります。10年にわたり培ってまいりました「ナノテクノロジープラットフォーム事業」での学内外への研究支援の経験と実績を「マテリアル先端リサーチインフラ事業(ARIM:Advanced Reserch Infrastructure for Nanotechnology)」の基礎となる最先端供用設備の提供および高度な技術支援に生かし、大阪大学ARIM微細構造解析プラットフォームおよび大阪大学ARIM微細加工/物質合成プラットフォームの2つのプラットフォームが連携して、革新的取り組みに挑んでまいります。

 

ニュース

装置利用情報(メンテナンス)

OS-101(F11) 高精細集束イオンビーム装置(He/Ne イオン)
OS-118(N61) パルスレーザーMBE装置(PLD)
OS-128(N33) 物理特性測定装置 PPMS DynaCool-9
OS-113 (N03) 多元DC/RFスパッタ装置 EB1100(チラー温度異常の為使用不可)


上記の装置は現在メンテナンス作業中です。利用可能になり次第当ホームページにてお知らせいたします。

2024年02月18日

2023年度利用申請受付を開始しました。(微細加工・物質合成PF/産研)

2023年度利用申請受付を開始いたしました。

大阪大学マテリアル先端リサーチインフラ事業において、装置利用に伴い創出されるマテリアルデータを、今後活用しやすい形に再構築し提供する予定としており、今年度よりデータ提供を検討いただける場合に、ARIM 利用料割引を開始致しました。

電気料金の大幅な値上げ等により利用料金を改定致しますが、利用料金の上限額がある月極及び年極金額の制度もございますので是非ご利用をご検討願います。

今年度は上記の改定があった為、ご利用申請の案内が遅くなり申し訳ございません。

データ提供割引について、今年度は試験的に実施する予定です。現段階では装置を使用するにあたって入力するパラメータおよび計測データを公開しても問題ないという方にはデータ提供割引の料金を適用させていただきます。

原則、申請承認後のデータ提供意思表示の変更はできかねますことご了承ください。


なお、利用に関しては昨年度同様、申請後審査を行い、利用の可否をご連絡いたします。
準備が整い次第、順次設備利用を開始いたします。

ご理解、ご協力に感謝いたします。

 

利用申請書は、こちらからダウンロード後必要事項を入力後(手書き不可)送付ください。
ご不明な点は、こちらよりお問い合わせください。
詳細は、利用について をご覧ください。


2023年06月05日

学内・学外新規継続利用者の利用申請受付中です。(微細加工・物質合成PF/産研)

新事業(ARIM)の学内・学外新規利用者の利用申請の受付をはじめました。
申請後審査を行い、利用の可否をご連絡いたします。
準備が整い次第、順次設備利用を開始いたします。
事業開始に伴い、利用までしばらくお時間をいただく装置があります。
ご不明な点は、こちらよりお問い合わせください。

詳細は、利用について をご覧ください。


2022年10月04日
» 続きを読む

イベント情報

2024年度 第1回電子顕微鏡スクール開催のご案内

マテリアル先端リサーチインフラ利用者講習会
~2024年度 第1回電子顕微鏡スクール開催の案内~

大阪大学超高圧電子顕微鏡センターでは、文部科学省マテリアル先端リサーチインフラの活動の一環として、電子顕微鏡スクール(利用者講習会)を春と秋の 2 回、開催致します。

物質・材料科学ならびに医学・生物学分野において透過電子顕微鏡による極微構造解析を必要とし、当センターでの支援事業(http://www.uhvem.osaka-u.ac.jp/jp/apply.html) に利用申請を予定している方は、この機会にぜひ御応募下さい。

 

【概要】透過電子顕微鏡あるいは電子顕微鏡試料作製装置を自分自身で操作できるようになるために、2,3日間の集中実習を行う。

【対象者】企業、大学、公的研究機関などの研究者および大阪大学の博士後期課程(医歯薬系は博士課程)に在籍中の大学院生で、実習後に当センターの電子顕微鏡や試料作製装置を利用した研究を開始される予定の方、または既に利用を開始されている方。

【日程】2024 年 4 月 22 日(月) から 24 日(水)の三日間 (B, D コースは 2 日のみ)
    朝 10 時から夕方 17 時までの時間帯に開催

 

【お申込み】2024年 3 月 15 日(金) 締め切り   

【参加費】無料 

【申し込みお問い合わせ】大阪大学 超高圧電子顕微鏡センター ARIM 事務局

  詳細はこちらをご覧ください 参加申込書はこちら

 

 

2024年02月18日

2023年度大阪大学ARIMオンラインセミナー

微細加工・電子ビーム露光技術
~電子線描画におけるスループット向上のためのテクニック~

大阪大学マテリアル先端リサーチインフラ設備供用拠点(ARIM)は、令和3年度からスタートした文部科学省委託事業である「マテリアル先端リサーチインフラ事業」の一環として、『微細加工・電子ビーム露光技術』と題しましてオンラインによる技術セミナーを開催いたします。

レーザー描画、電子ビーム描画、機械加工プロセスを用いた微細加工アプリケーション、スループットの観点から捉えた電子ビーム描画装置の選択と露光条件の検討についてご紹介いたします。

産官学いずれのご所属の方にも奮ってのご参加をお待ち申し上げます。

 

【対象者】企業、大学、公的研究機関など、いずれのご所属の方でもご参加いただけます。

【日程】2024年 1月 19日(金) 10:00~11:30

【ウェビナー配信】GoogleMEETによるオンライン開催 (PC参加の場合Googleアカウントは必要ありません)

【お申込み】2024年 1月 16日(火) 締め切り   参加登録フォームこちら

【参加費】無料 

【申し込みお問い合わせ】大阪大学 マテリアル先端リサーチインフラ設備供用拠点

  詳細はこちらをご覧ください 

 

2023年12月20日

マルチマテリアル化技術・次世代高分子マテリアル 重要技術領域セミナー

最先端研究装置とデータの共用が創出するマテリアル研究
~マルチマテリアル化技術・次世代高分子マテリアル 重要技術領域セミナー~

 

京都大学、山形大学、大阪大学、奈良先端科学技術大学院大学は、令和3年度からスタートした文部科学省委託事業である「マテリアル先端リサーチインフラ事業(ARIM)」の一環として、技術セミナー『最先端研究装置とデータの共用が創出するマテリアル研究』を2024年1月17日(水)に京都大学にて開催いたします。

最新の研究動向の講演に加え、ARIM利用者の方の利用事例の紹介、各機関からの加工プロセス、計測、分析技術などの特徴ある支援技術についても紹介いたします。

産官学いずれのご所属の方にも奮ってのご参加をお待ち申し上げます。

 

【対象者】企業、大学、公的研究機関など、いずれのご所属の方でもご参加いただけます。

【日程】2024年 1月 17日(水) 13:30~17:30 (交流会 17:45~

【会場】ハイブリッド形式 
        オンサイト(京都大学吉田キャンパス百周年時計台記念館 国際交流ホールI)
        ZOOM配信

【お申込み】2024年 1月 12日(金) 締め切り   参加登録フォームこちら

【参加費】無料 交流会:3,000円

【申し込みお問い合わせ】京都大学 学際融合教育研究推進センター ナノテクノロジーハブ拠点

 

  詳細はこちらをご覧ください 

 

2023年12月15日
» 続きを読む