本文へスキップ

Molecule & Material Synthesis Platform
in Nanotechnology Open Facilities

分子・物質合成プラットフォーム

お知らせtopics

平成29年度の受付開始しました。
   新年度の利用申請書A,Bはこちらです。→平成29年度申請書A利用申請書B、(A記入例)
  ご利用お待ちしています。
  申請書送付先: info-nanoplat@sanken.osaka-u.ac.jp 大阪大学ナノテクノロジー設備供用拠点事務局 
  新規利用の方はINFORMATIONもご覧ください。
  継続利用の方も再申請が必要です。よろしくお願いいたします。
  ご利用金額は申込書Aに記載しています。
●利用者説明受講のお願い
 ・新規利用者様:当拠点をご利用される方全員に利用者説明(安全教育・利用案内)を
   受講いただくことになりました。受講後に誓約書をご提出いただきます。
   設備ご利用開始までに利用説明を受けてください。
 ・利用者説明会 場所:産研ナノテク棟3F N315(小セミナー室)
   第7回 5月12日(金)13:30〜14:15 満員
   第8回 5月26日(金)13:30〜14:15
  受講希望の方は nanonet@sanken.osaka-u.ac.jp 宛て、開催日前日までに連絡ください。
   各回先着10名様とさせていただきます。
   上記日程の都合がつかない方はその旨ご連絡いただければ個別対応もいたしますが、
    スタッフ人数が限られていますのでご希望にそえない場合があることをご承知置きください。
   英語での説明をご希望の方にはその旨ご連絡願います。
 ・継続利用者様:平成28年度内に受講された方は再受講不要です。(新年度利用申請書提出は必要です。)
   利用の手引き更新版(ver.1.3.1)の改訂内容の説明(随時実施,数分)を受けていただいた後、
   その場で誓約書記入と提出をお願いいたします。その後、実験室への入室が可能になります。
 ・お問合せ、利用者説明のご予約は下記アドレス又は電話番号まで。
    メール:nanonet(at)sanken.osaka-u.ac.jp (at)を@に置き換えて送信してください
    電話 :06-6879-4309 大阪大学ナノテクノロジー設備供用拠点 分子・物質合成PF事務局

●熊本地震により被災を受けた利用者の優先利用と利用料及び旅費の支援についてのお知らせ(旅費支援追加)
  →熊本地震緊急支援実施について支援申込書(1611旅費版)旅費取り扱いについて、(2016/11/15追記掲載)

●熊本地震により被災を受けた利用者の優先利用の検討と利用料の支援についてのお知らせ
  を掲載しました。→こちらです。(2016/5/9掲載)
●熊本地震の被災地域内を所属機関とする代表者による支援課題についてのお知らせ
  を掲載しました。→こちらです。(2016/4/19掲載)
    
●当拠点ご紹介パンフレットを掲載しました。→こちらです。


新着情報news

2017年1月30日
「水素・燃料電池革新技術セミナー」を開催しました。
2016年11月1日-2日
電子デバイスフォーラム京都〜大学セッション〜を開催しました。
2016年4月1日~
利用者説明会開催。全10回開催し,216名の方に参加いただきました。
2016年1月27日-29日
nano tech 2016@東京ビッグサイト に出展しました。
2015年12月10日
AFMセミナーを開催しました。
2015年11月12日-13日
電子デバイスフォーラム京都〜大学セッション〜を開催しました。
2015年9月28日-30日
設備見学会を開催しました。
2015年1月28日-30日
nano tech 2015(東京ビッグサイト)に出展しました。
2014年10月30日
「NEDIA 電子デバイスフォーラム京都」にてナノテクノロジープラットフォームと産学連携というテーマで事業説明及び相談会を開催しました。
2014年8月12日
ご紹介パンフレットを掲載しました。→こちらです。
2014年5月27日
支援提供装置一覧に設備詳細を追加しました。

ナノテクノロジー設備供用拠点

〒567-0047
大阪府茨木市美穂ヶ丘7-1
大阪大学超高圧電子顕微鏡センター内
TEL 06-6879-7941
(微細構造解析プラットフォーム)

〒567-0047
大阪府茨木市美穂ヶ丘8-1
大阪大学産業科学研究所内
TEL 06-6879-4654
(微細加工プラットフォーム)
TEL 06-6879-4309
(分子・物質合成プラットフォーム)