本文へスキップ

Nanofabrication Platform
in Nanotechnology Open Facilities

書式FORM 及び 関連書類 DOCUMENT

利用申請書

利用申し込み時に提出していただく書類は下記の2種類です。
 ・令和3年度申請書A (昨年度記入例
 ・利用申請書B
詳しくは INFORMATION をご覧ください。


利用報告書

支援終了後60日以内または当該年度末までに提出してください。
今年度は事業最終年度のため、利用報告書は令和3年12月末までに提出をお願いいたします。
 ・利用報告書フォーマット令和元年(2020年)ver.はこちら

 ・利用報告書_記入例(機器利用・技術代行)_2020年度版はこちら
 ・利用報告書_補足説明_2020年度版はこちら

 ・利用報告書_記入例(技術相談)_2020年度版はこちら


論文への謝辞掲載

利用者が支援結果に基づいた論文発表を行う場合は、以下の謝辞文面を明示してください。
課題番号はJPMXP09で始まる体系的課題番号を記載願います。

和文例:本成果は文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム(大阪大学ナノテクノロジー設備供用拠点)[課題番号:JPMXP09*********]の支援を受けて実施されました。

和文簡略例:本研究は、文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業(課題番号JPMXP09*********)の支援で実施されました

英文例A part of this work was supported by “Nanotechnology Platform Project (Nanotechnology Open Facilities in Osaka University)” of Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology(MEXT), Japan, Grant Number JPMXP09*********.

英文簡略例A part of this work was supported by Nanotechnology Platform of MEXT, Japan, Grant Number JPMXP09*********

(注)課題番号は本拠点より通知します。(下9桁の*********部分)

利用の手引き 当拠点の利用の手引きはこちらです。(ver.1.4.10(2021.3))


各種規定 

★「大阪大学 ナノテクノロジー設備供用拠点 利用規程」20171001 はこちらです。
★「H30年度課金規程_合成・加工」 こちらです。
★「利用料金表(2019年10月改定版)」は こちら です。

ナノテクノロジー設備供用拠点


〒567-0047
大阪府茨木市美穂ヶ丘8-1
大阪大学産業科学研究所内
 ナノテク棟4F N409、N411室
TEL 06-6879-4654
(微細加工プラットフォーム)
TEL 06-6879-4309
(分子・物質合成プラットフォーム)