本文へスキップ

Nanofabrication Platform
in Nanotechnology Open Facilities

多くの共用装置が設置されているクリーンルーム兼イエロールームの装置名付き360°写真です。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA












大阪大学の最先端研究設備を自分で操作して研究開発を進めてみませんか。
企業を含めた学内学外の研究者・開発者・技術者のどなたにもご利用いただけます。

お知らせtopiCS イベント 利用申込 利用料金表 その他 English Page Twitter

 新着
新年度(令和元年度)の利用申請書はこちら 
新年度(令和元年度)利用者説明会を開催します。 
参加申込は前日までに nanonet(at)sanken.osaka-u.ac.jp までお願いします((at)を@に置き換える)

第4回:5月14日(火)13:15-14:00
第5回:5月17日(金)13:15-14:00
場所: 産業科学研究所ナノテクノロジー総合研究棟N315室

ヘリウムイオン顕微鏡観察事例~マスクの微粒子除去フィルタの観察をアップこちら 
北海道地震、北大阪地震による被災機関への支援を行っています。詳細は→こちら

当拠点ご紹介パンフレット2018版を掲載しました。→こちらです。

【イベント】


【利用申請】
令和元年度の利用申請受付中。令和元年度申請書A 利用申請書B
    令和元年度ご利用される方は令和元年度申請書A記入例) 利用申請書Bに必要事項を記載の上、
    下記メールアドレスへ送信願います。(後日押印済み原紙を送付願います。)
  ご相談、お問合せは下記アドレス又は電話番号まで。初めての方はご利用方法もご覧ください。
    メール: info-nanoplat(at)sanken.osaka-u.ac.jp (at)を@に置き換えて送信してください
    電話 :06-6879-4654 大阪大学ナノテクノロジー設備供用拠点 微細加工PF事務局
利用者説明受講のお願い
 ・新規利用者様:当拠点をご利用される方全員に利用者説明(安全教育・利用案内)を
    受講いただくことになりました。受講後に誓約書をご提出いただきます。
    設備ご利用開始までに利用説明を受けてください。
    継続課題であっても利用者説明を受けていない新規利用メンバー,新規共同利用者は受講が必要です。
 ・継続利用者様:平成29年度内に受講され誓約書提出済みの方は再受講及び誓約書提出不要です。
    利用申込書の共同利用者欄に必要事項を記載いただければご利用可能です。

【その他】
北海道地震・北大阪地震による被災機関への支援を行っています。詳細はこちら


●当拠点ご紹介パンフレットを掲載しました。→こちらです。

新着情報news

2019年1月30日~2月1日
Nano Tech 2019に出展参加しました。
2018年10月31日
第5回 電子デバイスフォーラム京都~大学セッション~を開催しました。
2018年10月12日
バイオ&ナノ・マイクロデバイス実践セミナーで発表しました。
2018年9月20日
応用物理学会でヘリウムイオン顕微鏡の利用事例を紹介しました。
2018年7月6日
「第2回ヘリウムイオン顕微鏡セミナー」を開催しました。
2018年5月24日
「微細加工とその応用研究シンポ」にて発表しました。
2018年4月30日-5月1日
ナノテクノロジー設備供用拠点一般公開を実施しました。
2018年2月14-16日
Nanotech 2018、JAPAN NANO 2018に出展参加しました。
2017年11月1日2日
電子デバイスフォーラム京都~大学セッション~を開催しました。
2017年10月11日
「ビームテクノロジー&ナノ加工実践セミナー」を開催しました。
2017年6月2/5/26日
6月度設備セミナー(FB-03)を開催しました。
2017年4月25日
「ヘリウムイオン顕微鏡セミナー」を開催しました。
2017年3月8日
微細加工ナノプラットフォームコンソーシアムシンポジウムに参加しました。
2017年1月30日
「水素・燃料電池革新技術セミナー」を開催しました。

ナノテクノロジー設備供用拠点

〒567-0047
大阪府茨木市美穂ヶ丘8-1
大阪大学産業科学研究所内
TEL 06-6879-4654
(微細加工プラットフォーム)
TEL 06-6879-4309
(分子・物質合成プラットフォーム)